WEBデザイナー・コーダーになるためにオススメな本まとめ

フロントエンドエンジニア(笑)に転職してもうすぐ2年になりますが、これまで読んだ本でこれからWEBデザイナーやHTMLコーダーを目指している方や転職を考えている方にオススメの本を紹介したいと思います。

現在でもデザインにはほぼ関わらず、ずっとコードばかり書いているのでHTMLコーダーの方に特にオススメかと思います。
しかし、WEBのデザインの上でもコーディングの知識があるかないかでかなりデザインが変わってくるのでコーディングしない!と心に誓っている方も1度目を通して置くことがコーダーと仲良くやる秘訣・・・。

では、WEBデザイナー・コーダーになるためにオススメの本まとめをどうぞ!

WEBデザイナー・コーダーになるためにオススメの教本

HTML・CSS基本編

・作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書

これでHTML5を学んだと言ってもいいほどの僕の教科書です。
今はレスポンシブデザインが流行っているので固定での作成は古いのでは?と思いがちですが、基本をしっかり抑えれる良本です。
ただ2013年の本なので情報が古い部分があります。
しかし、最初の一歩としてはまだまだオススメできます!

 

 

 

HTML・CSS応用編

・HTML5&CSS3デザインブック

HTML,CSSはある程度理解した方にオススメの本。
レイアウトの組み方やレスポンシブをマスターしたい方は1度読んでおくことをオススメ!

 

 

 

Javascript

・JavaScript コードレシピ集

javascriptでちょっと要素を動かしたいだとか、実行のタイミングを変更したいだとか「あれ?どうすればいいんだ?」ってときにかゆいところに手が届く本です。
ある程度HTML,CSSが扱えるようになってサイトの動きの部分を実装できるようになってきたら非常に役に立ちます。

 

 

 

随時更新しております!
またオススメの本などありましたら教えていただけると幸いです!

コメント