【WP】FTPでアップした画像のパスを短く使いやすくする方法

自作のWordPressテーマや直接FTPでサーバに画像をアップした際に画像の呼び出しが面倒な時がありますよね。
例えば固定ページで呼び出す際は、基本的に管理画面からはPHPは使用できないので、

 

<img src="http://〇〇/wpフォルダ名/wp-content/themes/使用テーマ名/○○.jpg">

 

など、長くなります。
あまりメディアではなく、サーバに直にあげたものを呼び出すことは少ないですが今回必要になったので画像パスを短く管理する方法を調べました。

 

では颯爽実装してみます。

 

 

短いパスで画像パスを取得する方法

「function.php」を変更する

function.phpに下記を入力します。
※問題があった際にすぐに直せるように必ずバックアップは取っておきましょう。

 

function img_replace_filter($content){
$content = str_replace('"img/', '"' . get_bloginfo('template_directory') . '/img/', $content);
return $content;
}
add_filter('the_content','img_replace_filter');

 

2行目に「’/img/’」とありますが、こちらはテーマ内のフォルダを指定しているので自身の使用しているテーマに合わせて変更してください。

 

これで作業は完了です。

 

実際に画像を読み込んでみる

固定ページで画像を呼び出す場合、下記のパスで呼び出すことができるようになります。

 

<img src="img/画像名.jpg">

 

「img」の部分は、自身のテーマのディレクトリに合わせて変更ください。

 

以上!
短い画像パスでサーバの画像を呼び出す方法でした!

コメント